マットレスと腰痛

高反発マットレスは腰痛に効果的?睡眠の質を高めよう

高反発マットレスって腰痛に効果的なの?
高反発マットレスは腰痛に効果的です。高反発マットレスはスポーツ選手のコンディションを整えるために作られました。もともと腰痛や身体のケアを目的に作られているのです。

マットレスが合わないと腰痛になる?

マットレスの硬さが身体に合っていないと、腰痛はひどくなるばかりです
あなたも畳の上で寝たり、柔らかいソファーの上で寝ると
腰が痛くなった経験はありませんか?

人間工学(物や環境を人間が使いやすいように設計する学問)の権威、
小原二郎千葉大学名誉教授は以下のコメントしています。

柔らかすぎるベッドで猫背で寝ていると疲れが取れず、寝返りがうちづらくなります。逆に硬すぎるベッドだと、寝返りの数が多すぎて疲れます。睡眠中はできるだけ、正しい姿勢で寝ることです。寝姿勢を保てるベッドを選ぶことが重要です。

たとえば、マットレスが硬いと腰は反ってしまいます。
そのような姿勢が慢性化すると腰の筋肉はこわばり、反り腰が習慣になります。
その結果、朝起きる時に腰が痛くなったり、眠りが浅くなってしまうのです

また、マットレスが柔らかすぎる場合は腰が丸まってしまいます。
そして、姿勢が歪んで腰痛が強くなっていくのです
あなたの睡眠中の姿勢は身体の痛みや健康にとって大切なのですね。

高反発マットレスは適度な反発力と身体にかかる圧を分散させることで寝姿勢を整えます。寝ているだけで姿勢が整い、腰痛が和らぐのです。
ぐっすり眠れてすっきりと起きれるので目覚めも良くなるのですね。

また、人は寝ている姿勢が悪くても、
寝返りを打つことで硬くなった身体をほぐしています
寝返りによって血液やリンパの流れがスムーズになるため、
老廃物や疼痛物質が流れて腰痛も予防できるのです。

腰痛に関する研究では腰痛患者ほど睡眠中の寝返りの回数が少ないことがわかっています。

人気番組のNHKためしてガッテンでは、腰痛のない健康な人に対して
、寝返りができない状態で睡眠を取らせるという実験を行いました。
すると、寝返りができないことで腰痛や背中の痛みが出たり、
疲れが取れない方が続出したのです。
恐ろしい実験です・・・。

ためしてガッテンでは東大医学部の松平浩医師のコメントを紹介していました。
松平浩医師は『やわらかすぎるマットレスは寝返りが打ちにくくなるため、腰痛が起こりやすくなる。朝の腰痛がある人は寝返りの回数が少ない可能性が高く、マットレスが柔らかすぎる可能性がある』とのことです。

ためしてガッテンは、腰痛について様々な新発見や最新治療が紹介されるので、
とてもおすすめの番組ですよ。

このように、寝返りがしっかりと行えることはとても大切です。
高反発マットレスは、寝返りをサポートするために反発力を高めています。
寝返りの際に身体を押し上げる力(反発力)が働くことで、
寝返りが打ちやすくなるのです

ちなみに子供はよく寝返りをしますが、これは身体を整える力が高い証拠です。
子供の寝相が悪くても心配しないでくださいね。

腰痛が強い人は高反発マットレスは合わない

高反発マットレスは硬めのマットレスです。
中には高反発マットレスでは腰痛が緩和できない方もいます。

  • 身体的疾患による腰痛
  • 姿勢の歪みが大きい人
  • 高反発マットレスと体重が合わない人

身体的疾患による腰痛

腰痛の原因は筋肉の緊張や骨の損傷、神経や内臓疾患からストレスまで様々です。
たとえば、腰の骨が骨折していたり、肝炎や尿路結石などから起こる腰痛は、
もちろんですが高反発マットレスでは変わりません

身体的疾患による腰痛は寝たり、安静にしても痛みが和らぎません。
ですから、横になって休んでも痛みが変わらない場合は、すぐに病院を受診してください

身体的疾患が原因の腰痛であれば、マットレスを変えるよりも痛みの原因を突き止めて、
解決する方が先ですよ。

姿勢の歪みが大きい人

姿勢の歪みが大きい場合は高反発マットレスでは負担が大きくなります。

たとえば、猫背が強い人が高反発マットレスを使用すると、
曲がっている背中により多くの圧がかかってしまいます

すると腰痛が悪化するということもあります。

60歳以上の高齢者で背中の曲がりが大きい方は、
高反発マットレスよりもトゥルースリーパーのような低反発マットレスがおすすめです

逆に60歳以下で姿勢の歪みが大きくない方は高反発マットレスが合うと思いますよ。

高反発マットレスと体重が合わない人

高反発マットレスも硬さはそれぞれ異なります。
このマットレスの硬さの単位をN(ニュートン)と言います。
N(ニュートン)は消費者庁の家庭用品品質表示法で基準が決められており、
一般的なウレタンマットレスにはこのNの表示があります。

たとえば、100Nの硬さの高反発マットレスを体重50kgの女性と
100kgの男性が使用するのではかなり使い心地が変わってきます。
体重100kgの男性にとって100Nの硬さのマットレスは、
低反発マットレスに近いくらい沈み込むでしょう。

これではせっかくの高反発マットレスも寝姿勢を整えることができません・・・。

高反発マットレスにも体重に適した硬さがあるのです
体重と硬さ(Nニュートン)の目安は以下の通りとなっています。

体重 N(ニュートン)
40kg 100N~120N
50kg 120N~140N
60kg 120N~160N
70kg 140N~170N
80kg以上 170N~

高反発マットレスを購入するときはN(ニュートン)をチェックしてみてくださいね。

高反発マットレスで腰痛が楽になる人は?

あなたが自分自身の姿勢が悪いと感じていたり、
腰が疲れやすいと感じているのであれば効果が期待できます

高反発マットレスは特に以下のような腰痛の方に人気があります。

  • 普段から腰痛があるので解消したい
  • 朝起きたときに腰のだるさや痛みを解消したい
  • 眠りが浅いので、ぐっすり寝たい
  • 猫背など姿勢の悪さを矯正したい
  • 朝起きるのがだるいので、すっきりと起きたい
  • 睡眠でしっかりと疲れが取れるようになりたい

また、高反発マットレスの口コミの中にはヘルニアや坐骨神経痛、
脊柱管狭窄症が良くなったという方もいます。
ヘルニアや坐骨神経痛は姿勢の悪さと関係しているので、
寝ている姿勢が整うことで痛みが緩和する可能性があるのです

腰痛は長引けば長引くほど慢性化してしまいます。
睡眠は毎日のことなのであなたに合ったマットレスを使ってくださいね。
寝ているだけで楽に腰痛対策ができれば、毎日すっきりした気分で過ごせますよ

あなたに合ったマットレスが見つかると良いですね。