腰痛対策マットレスランキング!効果や評判を徹底比較

『腰が痛くて大変』や『腰が重くて起きるのがつらい』という悩みはありませんか?

腰痛対策に良いマットレスは様々なものが売られています。正直どのマットレスを買ったらいいのか分からず、迷宮入りしてしまうほど・・・

当サイト「マットレスの達人」の編集部にも長いこと腰痛で悩んでいるスタッフがいます。朝起きるとまず腰の痛みを感じるのですから、気分まで憂鬱になってしまいます。

そこで当サイトは、腰に優しいと評判のマットレスを実際に試すことにしました。腰痛対策で人気のマットレスを徹底的に調査です。

低反発と高反発はどっちが良いのか?どのくらいの硬さがいいのか?どのマットレスなら腰が楽になるのか?その辺りを分かりやすくするために、各マットレスにマットレスの達人目線でランク付けをして公開しています。

実際にマットレスで1か月ほど眠って調査をするので、制作に数か月かかってしまいました。それでも、とても満足のいくものができました。ぜひ最後までご覧いただき、腰痛に効果的なマットレス選びの参考になれば幸いです。

理学療法士の免許を持っているスタッフがアドバイス

腰痛対策に効果的なマットレスを調査するにあたり、まずは腰痛について詳しい人が必要です。幸運なことに「マットレスの達人」編集部には「理学療法士」の資格を持っているスタッフがいます

大切な健康に関わることですから、身体について知識のあるスタッフとサイトを作っていかないといけないと思っています。安易な気持ちでマットレスのランク付けをするのは良くないと思ったんです。

マットレスについては個人の好みの問題も大きいので、どうしても感じ方に差が出てしまいます。そこを専門家である理学療法士の意見も参考にしながら「マットレスの達人」として、日々勉強して良いマットレスを探していきたいと思います。

まずは腰痛対策マットレス選びのポイントから

それでは腰痛対策になるマットレス選びのポイントを解説します。マットレス選びのポイントは3つあります。

  1. 寝ている姿勢が整う
  2. 寝返りが打ちやすい
  3. 身体にかかる圧が分散される

寝ている姿勢が整う

私たちは1日に約8時間を寝て過ごしていますので、
寝ている姿勢が正しいとそれだけで睡眠の質は高くなります

特に反発力が高くて硬めのマットレスは姿勢が整いやすいですよ。

寝返りが打ちやすい

寝返りって普段はあまり意識しませんが実はとっても大切です。
私たちは日中の疲れや身体のコリを寝返りによってほぐしています
寝返りによって血の流れをスムーズにして疲労物質や疼痛物質を流し、
身体の疲れや腰痛をすっきり取り除いているのですね

ですから私たちは一晩で約20回の寝返りを打っています。

子どもの寝相が悪いのは健康な証拠なのですね(笑)

身体にかかる圧が分散される

私たちが寝ているときは腰(体重の44%)と
胸(体重の33%)に大きな負担がかかります。
特に腰にはお腹や内臓の重みで過剰な負担がかかってしまいます。

そのため、身体にかかる圧を分散させてくれるマットレスは腰に優しいのです

腰痛対策マットレスの判断基準は3つ

「マットレスの達人」編集部では腰痛対策として人気の高い8種類のマットレスを「寝姿勢」「寝返り」「体圧分散」の3つに分けました

評価基準 評価基準について
寝姿勢 マットレスの硬さと関連があります。硬いマットレスほど寝ている姿勢は整います。柔らかいマットレスほど腰が沈んで姿勢がゆがみやすくなります。
寝返り マットレスの反発力と関連があります。反発力が高いマットレスほど寝返りが楽です。反発力はN(ニュートン)という単位で表されますが、高いほど硬くなるわけではありません。弾力が高いくなるというイメージです。
耐圧分散 マットレスの素材や硬さと関連があります。柔らかいマットレスほど腰にかかる圧力を分散させてくれます。硬いマットレスは腰に負担がかかりやすくなります。

マットレス選びの1番のポイントは硬さと反発力のバランスです。バランスが取れているマットレスほど腰に優しいマットレスとなるのです。

楽天、Amazon、ヤフーの口コミの平均を算出して評価

ただし、「寝姿勢」「寝返り」「体圧分散」が大切と言われても、ちょっと腰に対して優しいのか寝心地が良いのかはピンときません・・・。

そこでマットレスの達人編集部では、編集部のメンバーで感じた視点と楽天、Amazon、ヤフーなど様々なサイトのレビューを参考にして評価をしました。評価は5段階評価の平均得点を出して、どのマットレスが本当に人気の高いものなのかを調べました。

口コミに関しては3年以内の口コミを評価しました。マットレスも日々進化しています。昔のものはすでに参考にならないので期間を設定して評価しています。

腰痛対策におすすめできるマットレスは3つ

 マニフレックス
1962年、イタリアのジュリアーノ・マニ氏によって開発されました。「真空ロールアップ製法」は世界特許を取得しており、世界75ヶ国で愛用されている人気ブランドです。メトロポリタン丸の内ホテルや海外の一流ホテルでも採用されています。サッカーの香川真司選手や野球の山田哲人選手、前田健太選手なども愛用しています。品質・人気・実績が優れており、12年間保証もついています。マニフレックスは腰の痛みが気になる人や睡眠の質を高めたいという人におすすめですよ

 

レビュー平均  楽天:4.65(124件) amazon:4.2(32件)
腰痛対策  腰の負担を和らげる。
寝姿勢  腰が沈んだり曲がることなくしっかりと支えられる
寝返り  スムーズで楽に回れる
体圧分散  身体にしっかりと馴染む
価格  32,670円~83,160円
寝心地  マットレスはしっかりとした硬さですが、腰に負担はかかりません。硬めの寝心地ですが、身体に負担がかからず、ふかふかで硬さを感じない寝心地です。
マニフレックスは一流ホテルでも採用されている高反発マットレスです。腰に負担がかかりにくく、レビューサイトでも評価の高いマットレスですよ。マニフレックスは腰痛対策に人気があります

詳細ページ公式ページ

 スリープマジック
スリープマジックはシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さんがアドバイザーとして開発されたマットレスです。日本人の骨格を研究して腰痛対策のために作られました。スリープマジックの特徴は290Nのという高い反発力でスムーズな寝返りと正しい寝姿勢を実現できることです。ウェーブ上のマットレス表面は腰にかかる圧を分散してくれるため、正に腰痛対策のために作られたマットレスと言えます。腰痛対策としてマットレスを探している方におすすめですよ
レビュー平均  楽天:4.43(48件) amazon:なし
腰痛対策  背筋が伸びて腰に負担がかかりにくい
寝姿勢  身体にマットレスがフィットして腰も沈まない
寝返り  スムーズで楽に回れる
体圧分散  ウェーブ状の表面で負担がかからない
価格  27,990円 ~ 41,990円
寝心地 背中がしっかりと伸び、腰にも負担がかかりません。ウレタン独特の通気性の悪さもないため、深く眠りやすいマットレスです。
硬めのマットレスですが、体圧も分散されるため身体に負担を感じることもありません。スリープマジックはスポーツ選手や体格の大きい方に人気があります

詳細ページ公式ページ

 雲の安らぎ
雲のやすらぎ

雲のやすらぎは「まるで雲の上で寝ているようなやすらぎ感」をコンセプトにして開発された敷布団です。5層構造による独自の体圧拡散製法「クロスクラウド製法」によって寝返りが打ちやすいというのが最大の特徴です。快適な寝心地からメディアや雑誌でも紹介されたこともあり、マットレス売り上げランキング1位を獲得したこともある人気の敷布団です。柔らかめのマットレスが好きな方におすすめです

レビュー平均  楽天:4.35(48件) amazon:3.5(7件)
腰痛対策  ふかふか柔らかくて腰に負担がかかりません
寝姿勢  腰が若干沈みますが、包まれるような柔らかさがあります
寝返り  スムーズに寝返りができます
体圧分散  柔らかい素材が身体の圧をしっかり分散してくれます
価格  39,800円 ~ 79,800円
寝心地 まるで雲のような寝心地が最高に気持ち良いマットレスです。ふかふかの寝心地が癖になります。
雲の上のやすらぎでゆったりと眠れるマットレスです。柔らかめのマットレスが好きな方や不眠傾向の方には雲のやすらぎが良いと思いますよ。公式サイトのみ100日間返金保証キャンペーンを行っていることがありますので、チェックしてみてくださいね。

詳細ページ公式ページ

腰痛対策マットレス比較早見表!

※ 表は、左右にスクロール(← →) できます。

マットレス 硬さ N
ニュートン
密度 価格 素材 厚さ 特徴
マニフレックス 普通 170N 30D 32,670円~ 高反発ウレタン
エリオセル
16cm ・12年間保証
・世界ブランド
・香川真司、山田哲人、前田健太などが愛用
・ホテルメトロポリタン丸の内などのホテルで採用
スリープマジック 硬め 290N 30D 27,990円~ 高反発ウレタン
ウェーブ加工
12cm ・高橋尚子さんが開発アドバイザー
・桑田真澄さんがプロジェクトパートナー
雲のやすらぎ 柔らかめ 非公開 35D 39,800円~ 高反発ウレタン
アルファマット
17cm ・千代丸関愛用
・100日間返品保証
エアウィーヴ 普通 非公開 非公開 64,800円~ 繊維樹脂
エアファイバー
5cm ・フォーシーズンズホテル丸の内東などのホテルで採用
・錦織圭選手、浅田真央さん愛用
・スポーツ科学研究所採用
モットン 普通 100N
140N
170N
30D 39,800円~ 高反発ウレタン 10cm ・90日間返品保証
・山本昌さん愛用
39デザインマットレス 柔らかめ 非公開 非公開 32,000円~ ウレタン
スキンタッチ
5.5cm ・90日間返品保証
・1年間保証
トゥルースリーパー 柔らかめ 40N 非公開 22,800円~ 低反発ウレタン 5cm ・60日間返品保証
・1年間保証
・半額キャンペーンあり

マットレスで腰痛は改善するの?


腰痛対策には様々な方法があります。
腰痛改善体操や整骨院、病院のリハビリなど様々です。
このような身体のケアはもちろん大切ですが、
生活環境を変えることもポイントです。

たとえば、元フィギュアスケート選手の浅田真央さんやテニスの錦織圭選手は
腰の痛みが強くて大事な試合に支障が出ることもありました。
身体のケアに人一倍気を使っているスポーツ選手でも
身体を酷使するため腰痛は起こるのです。

そこでスポーツ選手はコンディションを整えるための一つとして、
睡眠に着目しました。
睡眠の質を高めるために高反発マットレスを使うようになったのです
すると腰の痛みが和らいだのです。

浅田真央さんは高反発マットレスについて
『痛みがなくなって、すごく楽になってびっくりしました。』と話しています。
錦織圭選手は『腰の重さがなくなりました。ぐっすり眠れるので
連戦の中でも体調を維持できます。』と話しています。

腰痛対策に効果的なマットレスの選び方

マットレスっていろいろな種類があって何を選んだらよいのか迷いませんか?
特に腰痛にはどんなものが良いのか?なんて普通はよくわかりません。
腰痛に良いマットレスをお店の店員さんに聞いても
「えっ・・・」という顔をされます。

マットレスの達人編集部では理学療法士のスタッフからも意見を参考にしながら、
腰痛対策になるマットレスについて検討を重ねました。
その中でも腰痛対策としてマットレスを選ぶときは3つのポイントがあります。

  1. 高反発マットレスを選ぶ
  2. 体重に適したマットレスを選ぶ
  3. 厚みが10cm以上

マットレスにはさまざまな種類のものがあります。
高反発マットレスや低反発マットレス、
ポケットコイルマットレスやスプリングマットレスなどが有名です。

それぞれに長所と短所がありますが、腰痛対策に効果的なマットレスは
高反発マットレスかポケットコイルマットレスです

それぞれのマットレスの特徴を比較すると以下のようになります。

高反発
マットレス
ポケットコイル
マットレス
低反発
マットレス
スプリング
マットレス
寝姿勢
寝返り
体圧分散
寝心地 硬い 普通 柔らかい 硬い
価格
通気性
耐久性

特に高反発マットレスはスポーツ選手のコンディションを整えるために
開発されただけあって身体に優しいマットレスです

腰痛を和らげるためのマットレスの条件である3つのポイントを抑えているからです。

  1. 寝姿勢が整う
  2. 寝返りが打ちやすい
  3. 身体にかかる圧が分散される

マットレスを選ぶときには低反発マットレスと高反発マットレスのどっちが良いの?と迷う方もいます。マットレスの達人編集部では、腰痛には高反発マットレスが良いと考えています。高反発マットレスと低反発マットレスの違いについて興味がある方は以下の記事を参考にされてください。

腰痛対策マットレスの選び方は?ぐっすり眠れるポイント ぐっすり眠るためには腰痛対策と寝心地を重視 マットレスに完璧なものはありません。 柔らかいマットレスは寝心地が良い反面、...

また、高反発マットレスも体重に適したマットレスを選ぶことが大切です。

体重に適したマットレスを選ぶ

高反発マットレスを選ぶときは体重に適した硬さを選ぶ必要があります。
たとえば、体重が50kgの女性に合った高反発マットレスを
100kgの男性が使うと重すぎて腰の部分が沈んでしまいます。

高反発マットレスにも体重に適した硬さがあるのです
高反発マットレスの硬さの目安を体重別に表すと以下の通りとなります。

体重 N(ニュートン)
40kg 100N~120N
50kg 120N~140N
60kg 120N~160N
70kg 140N~170N
80kg以上 170N~

厚さが10cm以上のマットレスを選ぶ

マットレス選びにおいて以外に大切なのが厚さです。薄いマットレスは腰が床に当たるような硬さを感じてしまいます。10cm以上のマットレスは硬さのわりに体にかかる圧を分散する機能も優れています

同じ100Nのマットレスでも厚さ4cmと12cmでは寝心地が大きく変わるのです。

マットレスの達人編集部では10cm以上のマットレスを使用することをおすすめしています。マットレスの選び方

腰痛対策マットレスの使い心地をレビュー

マットレスの達人編集部スタッフが使い心地をレビューしました。スタッフは腰痛歴12年のベテラン腰痛持ちです。

スリープマジックのレビュー

まず開封しても新品ウレタン独特の嫌なにおいはありません。
ウレタン素材の新品マットレスは、最初の1週間ほど独特の匂いがあります。
特に真空パックされている新品マットレスはなかなかの匂いです・・・。
スリープマジックは匂いがないのですぐに使えそうです。

スリープマジックは3つ折りマットレスです。
この3折りマットレスはとてもお手入れが簡単で便利でした。
たとえば、マットレスを干したいとき、通常のマットレスでは動かすのも困難です。
ベランダに持ち運びなんてほぼ不可能。

このスリープマジックは折りたためるので持ち運びが簡単でした。
また、一番湿気が溜まりやすいマットレスの裏側の湿気も飛ばすことができました
マットレスの裏側もしっかりと風を通すことでカビの発生は防ぐことができそうです。

マットレスを敷き布団のように収納して使いたい方には便利だと思いますよ。

マットレスを敷いてみると厚さは12cmとなかなかのボリュームです。
一般的なベットマットレスと同じくらいのボリュームでした。

ただし、マットレスの上を歩いていると折り目の部分に
足がズボッとハマることがあります

ブラインドを上げようとしてマットレスの上を歩いて足が取られてびっくりしました。
これは3つ折りマットレスならではのデメリットかもしれません。

さっそく横になってみます。かなりしっかりした寝心地です。
説明書での硬さは290Nとなっています。
高反発マットレスの中でも硬い方になりますが、
腰に負担がかかる感じがありません。
むしろ、身体全体がしっかりと支えられていてぐっすりと眠ることができました

マットレスの達人編集部はスタッフ一同いろんなマットレスを試しました。
しかし、はっきり言うと硬さの目安であるN(ニュートン)はあまりあてになりません。
140Nで硬く感じるマットレスもあれば、
スリープマジックのように290Nでも硬さを感じないものもあるのです。

マットレスは素材や表面の加工の仕方によってかなり寝心地が変わってきます。
あなたがマットレスを選ぶ際にもNは参考程度で良いと思います

では、スリープマジックはなぜ硬い寝心地なのに
身体に負担がかかる感じがないのでしょうか?
その秘密はスリープマジック独特のウェーブ構造にありそうです。

スリープマジックのカバーを外してみると、マットレス表面が波型になっています。
この独特の形状によって身体をしっかり支えながらも
背中にフィットして腰に負担がかからないような構造になっている
のです。

また、スリープマジックで眠ると、翌朝はとても快適に起きることができました。
身体がしっかりと支えられているということは寝ている姿勢も良い状態です
柔らかいマットレスで眠ると身体が沈んで寝起きがだるくなることもあります。
その感覚とは逆に、朝の目覚めがとってもスッキリでした。

普段は寝起きに腰が重くて痛いというスタッフも
「気持良く起きることができた」とのことでした。

ちなみにマットレスの達人編集部の5名中3名はこのスリープマジックがお気に入りです。自分でスリープマジックを購入したスタッフもいるほどです。

ただし、スリープマジックは通常のマットレスと比べると硬めです。
一般的な腰痛持ちにはおすすめですが、脊柱管狭窄症や座骨神経痛など
強めの腰痛持ちにはもっと柔らかめのマットレスが良いです。

たとえば、雲の安らぎはふわふわ柔らかい寝心地のため、
腰の痛みがかなり強い人におすすめです。

スリープマジックは特に腰痛対策マットレスが欲しい人や
折りたためるマットレスが良いという方にぴったりですよ

 

詳細ページ公式ページ

 

マニフレックスのレビュー

マニフレックス・マットレスは高反発マットレスの中でも硬めのマットレスです。
海外製品だけあって身体の大きい外国人に合わせた作りになっています。

まずマニフレックスは高反発マットレスの中でも硬めのマットレスと言われていますが、
実際は身体の一部に圧がかかるようなことはありません。

硬いというよりも身体にしっかりとフィットしているという感じです
硬いからといって畳のような硬さをイメージしていると
全く異なる寝心地になりますので注意が必要です。

特に腰や背中が極端に沈むというよりは、身体全体がバランスよく沈むという感じです。
スリープマジックがしっかりと支えられている感じがあります。
それと比べるとマニフレックスは身体のラインにフィットして
全体的に沈みますが姿勢は歪まないという感じです

マニフレックスは身体全体にフィットするため、腰にかかる負担は驚くほど感じません。
腰に負担がかからずに寝心地も良く、バランスの良いマットレスという感じです。

逆にマニフレックスを使ってみて、少し気になったのは暑くて蒸れやすいということです
マニフレックスの素材エクセオルは身体にフィットする反面、
通気性は若干落ちるかなという感じです。
ただし、気になるほどのものではないので、
寝心地を取るか?快適な通気性を取るか?というレベルです。

マニフレックスは世界中で長く愛されており、
12年保証も付いている人気のブランドです。
特に身体の大きいスポーツ選手には人気が高く、
身体の大きい方にピッタリのマットレスですよ

 

詳細ページ公式ページ

 

雲のやすらぎのレビュー

雲の安らぎは名前の通り、『雲のようなやすらぎ感』を目指したマットレスです。
マットレスの厚さは16cmとかなりのボリュームです。

では雲のやすらぎの寝心地はどうでしょうか?
「雲のやすらぎ」という名前からも寝心地がとても楽しみだったのですが、
確かにふわふわと体全体が支えられていて気持ち良いです

腰や背中は若干沈んでしまいますが、
ふわふわの寝心地は高反発マットレスというよりも中反発マットレスに近いです。
硬いマットレスが好きな人は柔らかいと感じると思います。

ふかふかの寝心地であるため、寝返りは打ちにくくなりますが、
身体が包まれるような安心感は他のマットレスと比べて優れています

硬すぎる高反発マットレスは横で寝ると不安定で眠りにくいものもありますが、
雲のやすらぎはしっかりと安定しています。

腰の痛みに関しては夜に痛みで起きることはありませんが、
腰が沈んでいるため朝起きるときに重さを感じました。
また、肩についても同様に寝起きに凝りを感じやすいです

雲の安らぎは身体がマットレスに沈むため、
身体のコリや疲れは残りやすいように感じます。
ただし、包まれるような独特の寝心地はとても眠りやすいです。

たとえば腰の曲がっているタイプの坐骨神経痛の方であれば、
硬いマットレスよりも雲のやすらぎの方が腰に良いと思います。

また、雲の安らぎはマットレスの両面が使用可能です。
夏場用と冬場用に使い分けできるのが良かったですよ。

夏場用

冬場用

雲のやすらぎは何といっても寝心地が最高のマットレスです。
特に眠りが浅い方や寝ても疲れが取れない方にピッタリだと思います

 

詳細ページ公式ページ

 

エアウィーヴのレビュー

エアウィーヴは高反発マットレスの中では柔らかいマットレスです。
他の高反発マットレスと比べると少し柔らかく感じると思いますが、
通気性は抜群に良く、寝心地がとても快適です

寝てみると背中が蒸れることもなく、生地もメッシュでヒンヤリとした寝心地。
特に夏場にマットレスが蒸れてしまうと寝苦しくて大変ですので、
エアウィーヴであれば熱帯夜も快適だと感じました。

一方で口コミでは冬場に寒いという感想も多いです。
エアウィーヴは熱に弱く、電気カーペットや電気毛布は使用できません。
ですから冬場の使用には向いていないのかもしれません。

エアウィーヴに手で圧を加えると弾力はしっかりとしています。
マットレスの厚さが薄い(5㎝)からか、少し底付き感を感じますが、
特に硬くて寝苦しいという感じはありませんでした。

腰に関しては身体全体をしっかり支えてくれますし、
痛みが出ることもありません。
弾力性もあるため、寝返りも快適です

エアウィーヴで気になったのは耐久性が低いという口コミが多かったことです。
寝心地は確かに良いのですが、柔らかめの高反発マットレスで中身も
極細の繊維状の樹脂となっています。
そのため、通気性が良い反面、耐久性が低くなるのかもしれません。
マットレスとしての値段は高めでもあるため、
コストパフォーマンスを考えるとメンテナンスをしっかりする必要がありますよ。

エアウィーヴ独自の長所としては、持ち運びが可能という点です。
遠征の多いトップアスリートの意見を取り入れており、他のマットレスにはない特徴です。

また、エウィーヴは6歳以下の子供用として使うこともおすすめです
ウレタン製のマットレスの場合は子どもがおねしょをすると洗えないので大変です・・・。
エアーウィーヴなら例えおねしょをしても洗い流すことが可能ですし、
通気性が高いので汗かきの子供にぴったりだと思います。

持ち運びのできるマットレスが欲しいという方や通気性が良くて洗えるマットレスが欲しいという方におすすめのマットレスですよ

39デザインマットレスのレビュー

まずマットレスを開封するときに気になっていたのが、新品のウレタン独特の匂いです。
ウレタン素材は、マットレスによく使われる素材ですが、
特に新品は独特の匂いがあります。

39デザインマットレスも新品の匂いはありますが、気になるほどのものではありません。
「ご使用上の注意」にも匂いが気になる場合、風通しの良い場所で
陰干ししてくださいと記載されていました。

39デザインマットレスは、「人肌感触」を目指したマットレスです。
横になってみると確かにプニプニ柔らかい人肌のような不思議な感覚です。

マットレス自体は柔らかくて腰が少し沈むので、
寝姿勢自体はまっすぐとまではいきませんが、
寝心地や眠るときの安心感がすごくあります

雲のやすらぎも寝心地が良いのですが、比べてみると触り心地が異なります。
39デザインマットレスは、体に馴染むようなプニプニした感覚で、
雲のやすらぎは、体がフワフワ浮くような感覚です

39デザインマットレスの場合、表面の凹凸があって、
体がマットレスと一体になるような、馴染む感じがあります。
これが人肌感触と言われるのが良く分かります。

ちなみに「凹凸があるとボコボコしないか気になる」という方もいますが、
凹凸自体が柔らかいので、ボコボコ感は全く感じませんでした。
逆に体にしっかりと馴染んでくるので、この凹凸が大切なのだと思います。

雲のやすらぎと比べると体に馴染むような触り心地は、
39デザインマットレスが良いです。
フワッと体が支えられる感じは、雲のやすらぎが良いです。

また、39デザインマットレスの厚さは、マットレスの中でも薄い方になります。
編集部のスタッフはベットフレームの上にそのまま敷いて眠りましたが、
マットレスの厚さが薄いため、腰の部分に少し底付き感を感じました
薄い敷布団に寝たときのように、腰が床の硬さを感じるような感覚です。

マットレスの厚さが10cm以下のマットレスは、腰の部分に床の硬さを感じやすく、
39デザインマットレスもその感覚があります。

そこで、敷布団の上に39デザインマットレスを敷いてみたのですが、
底付き感はなくなりました。ただし、柔らかすぎるという感じがあります。

逆に、39デザインマットレスは、下に敷く素材によって柔らかさを調節できます。
硬く感じたら、マットレスの下にタオルを追加して厚くしたり、
柔らかすぎたら、下に何も敷かずに使用すると良いと思います

腰にかかる負担については、底付き感があって負担がかかりやすいと感じました。
39デザインマットレスは、素材自体が柔らかく、マットレスの厚さも薄いため、
高反発マットレスと比べると、腰が沈んでいるという感覚があります。
使ってみて底付き感を感じる人は、敷布団やベットマットレスの上に
39デザインマットレスを敷くと良いです。

また、横になって眠ると、体が程よく沈むため、安定感があります。
仰向けで眠るのが苦手で、横向きで寝ることが多いという人もいますが、
そのような人には安心感があって良いと思いますよ。

腰痛,高反発,マットレス,ランキング

通気性に関しては、かなり良いです。
通常、ウレタン素材は体圧分散に優れていて、身体にフィットするのですが、
暑くて通気性が低くなりがちです。

39デザインマットレスは、上層が凸凹のウレタン素材で下層がピースの大きい
ミクセルキューブになっています。
さらに、生地も通気性の良い生地ですので、抜群に肌触りが良いですよ。

39デザインマットレスは、寝心地の良いマットレスです。
特に今使っているマットレスの硬さを調整したい人や
睡眠の質を高めたいという方にぴったりだと思います

モットンのレビュー

まず、モットンを開封して気になっていたのは新品のウレタン独特の匂いです
今までのマットレスの中でもかなりきつい方です。
気に合ったので匂いの元についてお問い合わせてみました。

すると匂いの原因は、ウレタンフォームを膨らませる時に使う
炭酸ガスの匂いとのことでした。
ウレタンフォームは構造上、内部の気泡によって表面積が広大となるため、
炭酸ガスの匂いやカバー材や包装材などの匂いを吸着しやすいとのことです。

結局、1週間ほどはまともに使えないくらいにおいがきつかったです
においに敏感な方にはおすすめできません。

モットンのカバーはカバーには高級マットレスにも使われる
ベロア生地という素材が使われているようです。
テカテカしたような見た目ですが、触り心地はサラサラしていて気持ち良いです。

まず横になってみて感じたのは腰が少し沈んで負担がかかるということです
モットンは腰痛対策専用のマットレスとして紹介されています。
ただし、腰に優しいというよりも腰の部分だけ沈んでしまうので
圧が分散されてないような感じがします。

マットレスの厚さは10cmありますので、
薄い布団のような底付き感はありません。

反発力を調べるために手でマットレスを押すと、
弾力があって押し上げられる感じがあります。
かなり弾力が高いので寝返りはスムーズで楽でした

また、モットンで気になったのは通気性の悪さです
ウレタン製のマットレスは通常、通気性が落ちます。
モットンも熱がこもりやすく、寝心地は落ちる感じがあります。

モットンはマットレスの達人編集部のスタッフの中では腰痛対策効果としては?でした。
また、楽天やAmazonでの口コミが極端に少ないため、
評価が難しいマットレスという印象が強いです

トゥルースリーパーのレビュー

トゥルースリーパーは低反発マットレスです。
低反発マットレスの中で最も人気の高いマットレスです。

厚さが5cmと薄くなっていますので、
基本的には現在使っているマットレスの上に敷いて使うのがおすすめです。

トゥルースリーパーのような低反発マットレスは、体の凹凸に合わせて
包み込むようにフィットするので、腰など一部に圧がかかることはありません
とにかく柔らかい寝心地を重視していますので、
ふかふかで身体が包まれるような感覚になります。

腰に関しては低反発マットレス独特の身体が沈む感覚はあります。
しかし、一部に負担がかかることはありません。
寝起きは少し身体が重く感じることもありますが、
寝心地は良くてぐっすり眠れます

ちなみに低反発マットレスは、横で眠るととても楽です。
高反発マットレスは、反発力が高いため、横になって眠ると少し不安定に感じます。
特に体圧が分散されない高反発マットレスは、横に寝ると不安定で落ち着きません。
その点、トゥルースリーパーは体が沈み込むので、安定感があって
横に寝るとかなり良い感じでした。

また、トゥルースリーパーは通気性が悪く身体が蒸れやすい感じがあります
これは低反発マットレスの特徴なのですが、身体が深く沈み込む柔らかい
ウレタン素材は熱がこもりやすくて通気性が低いのです。

腰痛の方の中には硬めのマットレスで眠ると痛みが悪化するという人もいます。
姿勢の歪みや身体の痛みが強い人ほど柔らかいマットレスの方が合うのです。

トゥルースリーパーは姿勢のゆがみが大きい方や腰痛が強い方におすすめですよ

腰痛対策マットレスを通販で安く買う方法は?

せっかくマットレスを買うのであればなるべく安く買いたいものです。
ここからは腰痛対策マットレスを安く買う方法を紹介します。

  1. 通販で購入
  2. 店舗で購入
  3. 個人取引で購入

通販では公式サイトやアマゾン、楽天で最安値を比較

マットレスの中には公式サイトやアマゾン(Amazon)、楽天、ヤフーショップに
出店しているものもあります。

公式サイトはキャンペーンなどで30%offと安くなっていることもあります。
同じ価格であれば、アマゾンや楽天、ヤフーショップでは
ポイントが付くため安くなることもあります

注意点としてはアマゾンや楽天、ヤフーショップには稀に
偽物が出典されていることがあります

また、返品保証などは基本的に公式サイトで購入した場合しか対応できません
保証付きで購入したい方は公式サイトでの購入がおすすめです

店舗で購入するときはセールをねらう!

店舗でマットレスを購入する場合は配送料などで通販より高くなりがちです。
ですからニトリなど店舗でマットレスを購入する場合は、
セールやチラシの割引券を使いましょう
20~30%割引できる場合もありますよ。

また、マットレス販売会社にはアウトレット商品を販売する場合もあります
ニトリやマニフレックスは展示品やちょっと傷がついてしまったり
返品になってしまったものがアウトレットとして販売されているのです。

アウトレット商品は、30%~50%の割引になっています
特にアウトレットが気にならないのであればとてもお得ですよ。

メルカリやジモティーで個人取引して購入

マットレスのように汚れてしまう商品では一般的ではありませんが、
メルカリやジモティーで個人取引して購入することでもきます

マットレスの中には2セットキャンペーンなどもあります。
2セット購入すると安くなることがあるのです。
そして、購入者の中には2セット購入して1セットは
新品未使用のまま出店する人もいます。
その場合はかなり安く手に入ることもありますよ

ただし、個人取引には偽物や嘘の情報などそれなりのリスクもありますよ

マットレス選びに迷ったときの決め方は?

やっぱりマットレスは種類が多すぎて何を選んだらよいのか迷う!
という方もいると思います。

腰痛マットレスにはニトリや東京西川エアーなど他にも様々な種類のものがあります。
特にニトリや東京西川は全国各地の専門店や百貨店で試すこともできます。

ここではマットレス選びに迷った時の選び方をお伝えしますね。
まず、私がマットレスを選んだときは3つのポイントを気にしました。

  1. 返品保証がある
  2. 口コミが良い(楽天、Amazon)
  3. 腰痛対策専用のマットレスである

返品保証があるかどうかチェック!

マットレスの中には返品保証が付いているものもあります。
このサイトで紹介しているマットレスであれば、モットンや雲のやすらぎ、
トゥルースリーパーなどです。

返品保証があるマットレスは販売会社も商品に自信を持っています。
マットレス購入を迷ったときは、この返品保証があるものを選んだ方が良いです。

口コミが良い!楽天、Amazon、2chなどをチェック!

やっぱり口コミは見るべきです。
口コミが良い商品は、やはり基本的に質が高いものが多いです。
逆に口コミが悪い商品は粗悪品が目立ちます。

口コミは楽天、Amazon、2chなどで探すことができますよ。

腰痛対策専用のマットレスかチェック!

マットレスにも寝心地を重視したものや腰痛対策を重視したものがあります。
腰痛対策のためにマットレスを探している人は、腰痛対策専用のものが必要です。

腰痛対策専用のマットレスかどうかは、ホームページを参考するとわかりますよ。

マットレスの達人編集部がおすすめしている
腰痛対策専用マットレスはマニフレックスです。

結局どのマットレスが良いのかわからないという方は
マニフレックスを選んでみてくださいね。

他にもマットレスの達人のように腰痛と高反発マットレスの効果 を比較するサイトもありますので、そのようなサイトを参考にしてもよいでしょう。